昔のアルバムとフォトブックの違いって何?

プリントする手間いらず!とっても手軽なフォトブック

少し前まで思い出の写真をまとめて残すには、写真を台紙に貼るタイプや透明なポケットに収納するタイプの「アルバム」が主流でした。しかし、この昔ながらのアルバムだと写真を現像したりプリントしたりという手間が必要です。最近ではデジタルカメラやスマートフォンの普及で、写真をプリントせずにデータのまま残す人も多くなってきました。そんな中で登場した「フォトブック」は、写真をプリントすることなくアルバムを作成出来るのです。フォトブックの作り方は簡単。フォトブックを作成してくれる会社のホームページやアプリを利用して載せたい写真を選ぶだけ。誰でも簡単に自宅で作成出来ることが、フォトブックの最大の魅力となっています。

フォトブックでオリジナリティあふれる写真集作り

フォトブックと昔ながらのアルバムの大きな違いと言えるのがアレンジの幅でしょう。市販のアルバムでは載せたい写真を自由に並べたりすることは出来ましたが、サイズを大きく変えたり、見開きで写真を載せたりすることが出来ませんでした。しかし、フォトブックでは見開きを利用して大きく写真を載せたり、表紙をデザインしたりというアレンジを自由自在に行えるようになっています。また、文章を挿入するといったことも可能です。フォトブックではこのように、個人の個性を活かしたオリジナリティあふれる写真集作りが出来るのです。また、増刷も簡単なので、お気に入りのフォトブックが作成できたら家族や友人と共有してみるのも良いかも知れません。思い出の写真が貯まったら、ぜひ一度フォトブック作りにチャレンジしてみてはいかがでしょう。