素敵なフォトブックを手作り!簡単なやり方やアイデアについて

コツは写真を選ぶ前のひと手間に有り

まず初めにテーマを決めましょう。「この間行った旅行」でも「ペットの成長記録」でも、自由に決めてOKです。内容が何であれひとつテーマを決めておくだけで、統一感のある写真を選びやすくなります。また、テーマを決めることで、デザインの方向性も定まってくると思います。例えばテーマを「旅行」に決めたとしましょう。旅行に行った季節が春だった場合は、全体のカラーを桜色や若葉色を中心にして、温かみのある雰囲気にしたい等の方向性が何となく浮かんでくると思います。
テーマを決めたら次は、誰がこのフォトブックを見るのかを考えましょう。年配の方が見るのであれば、写真や文字の大きさに注意したいところですし、小さなお子様が見るのであれば難しい漢字は使わないなどの配慮があると嬉しいですね。また、ご家族や親しいご友人の場合は、相手の趣味にとことん特化したデザインにするのも、手作りならではの特別感が出て喜ばれるでしょう。

困ったときのアイデア2選

写真選びと同じくらい頭を悩ませるのが、装飾のやり方です。デザインが単調になってしまったり、思いのほか余白が多くて物足りない印象になってしまったりして困ることがあると思います。そんな時にお勧めのちょっとした工夫を2つご紹介します。

まず一つ目は、思い切って台紙を変えてしまうことです。フォトブックはノート型を思い浮かべがちですが、台紙の形も自由に決めて良いのです。ハート型に切り抜いた台紙にパンチで穴を開け、カードリングで留めてみたり、ハガキを利用してみたり、少し手間はかかりますが、仕掛け絵本のようにしても面白いですね。

二つ目は写真以外の思い出の品で装飾することです。例えば、テーマが旅行であれば旅先のパンフレットが使えます。もし花を見に行ったのであれば、押し花を作って貼ってみるのも素敵ですね。他にも、お土産の包装紙などもデザイン性の高いものがたくさんあるので、活用してみてはいかがでしょうか。